投稿

「荒岡眼鏡」三代目・荒岡俊行と考える眼鏡の歴史と未来。— 後編 —

イメージ
  「荒岡眼鏡」三代目・荒岡俊行と考える眼鏡の歴史と未来。— 後編 — 「sost.」のオーナーであり、「kearny」のデザイナーの熊谷富士喜と眼鏡業界をリードするアイウエア専門店「blinc(ブリンク)」代表の荒岡俊行さんによる対談コンテンツ。今回は、眼鏡の未来や荒岡さんの考える「kearny」の魅力など、ここだけの話を対談形式でお届けします。 熊谷 以前、眼鏡のために作られた素材がないというお話をしたことがありましたよね。セルロイドやレンズなど他の用途から転用されたものの集合体なわけで、眼鏡のためだけに考えられた素材が生まれてやっと未来のターンの話ができるのかなと個人的に思っていたりします。でも、生産していても、デザインしていてもそんな話は全然聞こえてこなくって、逆に誰がそこまで眼鏡に愛を持って動いてくれるのかなとか、今後国が動いてくれることはあるのかなとかときどき考えてしまいます。 荒岡 そうなんですよね。それこそ大手の素材メーカーとかが毎年すごい開発をしていると思うし、何かしら眼鏡に応用できるものがあるんじゃないかなとも考えるのですが、膨大な発明のなかから眼鏡に合うものを選ぶ人がそもそもいない。また、それを選んだところで作るとなると設備を一から整えないといけないんですよね。 熊谷 そうなんですよ。素材しかり作り方しかりある種出きってしまっている部分もある気がしますし。 荒岡 そう考えると、80年代にデンマークの「LINDBERG(リンドバーグ)」が開発した眼鏡は本当にすごいことだと思います。未だにあのかけ心地を超えられる眼鏡って存在しないと思うし。 熊谷 すごいですよね。作る側になった今でも意味がわからないです。 荒岡 イタリアやフランスに予算や生産力で勝てないからこそ、今ある環境を生かしてメガネ作りをするうえで、まず彼らが考えたのは眼鏡にとって何が必要かということ。その結果、眼鏡をかけていない状態を再現することが究極なのではと、余分なパーツを極力使わずにふわっとしたかけ心地を追及したと言われています。このような先人たちの功績を考えると、そういうチャレンジを今熊谷さんとかがやったら面白いと思うんですよね。 熊谷 急にハードルが上がりましたね(笑)。 荒岡 でも、そこはもう熊谷さんくらいしかいないんじゃないかなって思うんですよね。今の眼鏡に何が必要なのか真剣

「荒岡眼鏡」三代目・荒岡俊行と考える眼鏡の歴史と未来。— 前編 —

イメージ
  「荒岡眼鏡」三代目・荒岡俊行と考える眼鏡の歴史と未来。— 前編 — 「sost.」のオーナーであり、「kearny」のデザイナーの熊谷富士喜と「sost.」にまつわるクリエイターを迎えた対談コンテンツ。今回は、「kearny」とも関わりの深い眼鏡店「blinc(ブリンク)」のディレクターを務める荒岡俊行さんをお迎えして、荒岡さんのこれまでのキャリアから、アイウエアの歴史まで幅広くお話を伺いました。 — まずはじめに、お二人の出会いについて教えてください。 荒岡 2018年か2019年ごろにCIBONEさんで「kearny」を見かけたのがきっかけでした。プロダクトと一緒にブランドやデザイナーのプロフィールが書かれているので、そこで熊谷さんの名前を知ったという感じ。名前からちょっとハードな印象を受けて、恐る恐る声をかけました(笑)。 熊谷 画数が多いですからね(笑)。「blinc」さんは眼鏡のセレクトショップといえばすぐに名前が挙がるお店なので、「kearny」を始める前からもちろん知っていました。当時はアパレルやライフスタイルショップでの取り扱いがメインで眼鏡屋さんには一社も卸していなかったので、お声がけいただいたときは純粋に嬉しかったですね。ついに打順が回ってきたぞ!みたいな。 荒岡 実際にお会いしてみたら全然違った印象で、ほっとしたような感覚を覚えています。本来は商談としてうちの店にきていただいたのですが、「kearny」のプロダクトの話はほとんどせずに色んな眼鏡の話をしていたらあっという間に時間が経っていました。 熊谷 僕からしたら業界の大先輩なので何を話したらいいのか分からず、終始緊張していたのを覚えています。 荒岡 自分ではあまり先輩・後輩というような感覚はないのですが、気づけば周りから「いい歳だ」と言われるようになってきましたね。 — 代々眼鏡屋を営む家系に生まれ、業界のなかで育ってこられたからこそ、そういった上下関係と少し距離があるような感覚なのでしょうか? 荒岡 そうかもしれません。生まれたときからそばに眼鏡があったので、ナチュラルボーンでやっているというか。実家は家に商店がついているような形だったので、学校が終わったら店に帰るみたいな感じ。眼鏡をいじったり、店に出入りする業者さんから修理の仕方を教わったりと、眼鏡が生活のなかにあるのが当たり前だっ

陶芸家・野口寛斎のこれまでと魅力、そしてこれから。— 後編 —

イメージ
陶芸家・野口寛斎のこれまでと魅力、そしてこれから。— 後編 — 「sost.」のオーナーであり、「kearny」のデザイナーの熊谷富士喜と「sost.」で作品を取り扱う、陶芸家の野口寛斎さんによる対談コンテンツ。今回は、二人の出会いから「sost.」と寛斎さんの作品の関係性まで、ここだけの話を対談形式でお届けします。 — お二人の出会いはどこからなのでしょうか? 熊谷 6年前でCASICAのイベントでお会いしたのが最初でしたよね。その後、VOICEで行われていた個展にお邪魔して、そこで個人的に最初に買ったのが湯呑みでした。寛斎さんが湯呑みを作られていたことを新鮮に感じたのを覚えています。 寛斎 食器って難しいんですよね。使うというルールが前提にあるから、とたんに難しく感じちゃって。手触りとか気にすることが多いので、簡単には手が出せないんですよね。 熊谷 「sost.」でも販売させていただきましたが、すぐに完売するほど好評でしたよ。 寛斎 自分の作品が売れるということがいまだに信じられないです。やっぱり当たり前じゃないですよね。 展示会で在廊していても、「こんな値段でも売れるんだ」っていつも驚きます。 買って大丈夫なのかな?そんな高いものを僕は買えないけどって(笑)。でも、その感覚は当たり前になっちゃいけないことなんだろうなとも思います。 — 富士喜さんの思う寛斎さんの作品の魅力はどういう部分にありますか? 熊谷 初めて寛斎さんの作品をみた時に感じたのは、バイヤーとしてよりも、純粋に家に飾りたいとか、使いたいという気持ち。その時、一緒にいた妻も同じように感じていたみたいで個人的に惹かれたのを覚えてます。そこから、いちファンとして寛斎さんの作品をどうやって広めていけるのかなということを考えるようになって、作品が売れないと作り続けることができないというのも分かるし、僕自身が寛斎さんにもっと作品を作って欲しいからこそ、できる範囲でベストなタイミングと環境はなんなのかを自分のなかでずっと自問自答していました。 — そこで出たベストな形が「sost.」だったんですね。 熊谷 そう、「sost.」は寛斎さんの作品を置くことをイメージしながら内装を考えているんです。僕の作るメガネは作家性があるものではないので、狭い空間で作家さんの作品と一緒に並べるのはなんだか心地悪く感じていて、そ

陶芸家・野口寛斎のこれまでと魅力、そしてこれから。— 前編 —

イメージ
  陶芸家・野口寛斎のこれまでと魅力、そしてこれから。— 前編 — 「sost.」のオーナーであり、「kearny」のデザイナーの熊谷富士喜と「sost.」にまつわるクリエイターを迎えた対談コンテンツ。今回は、「sost.」で作品を取り扱う、陶芸家の野口寛斎さんをお迎えして、寛斎さんのこれまでの軌跡から、モノ作りに対する姿勢、そして二人の意外な共通点まで、ここだけの話を対談形式でお届けします。 — まずはじめに、寛斎さんのこれまでについて教えてください。 寛斎 27歳までは福岡で音楽活動をしていて、東京の事務所に声をかけてもらったことをきっかけに上京しました。当時は事務所が借りてくれた1軒家にバンドメンバー4人で住んでいて、週に12曲を作るという課題があったので、当時はとにかくバイトと課題に追われる日々でしたね。そのうちに、音楽の仕事をもらうことも増えてきて、他のミュージシャンと話したりするようになるとだんだん、「社長のやり方でいいのかな?」という思いが出てきてしまって、作りたい曲の方向性にもズレが出てきて、自分たちのやりたいことは違うと伝えて事務所を辞めることになりました。 熊谷 その生活は何年くらいされていたのですか? 寛斎 3年ほどです。辞めたあとは、自分たちで自主レーベルを作って好きな曲をレコーディングしたりもしたのですが、売る力も続けていく力もなかったので、やはりバラバラになってしまって。結局バンドは崩れていきました。その頃に、僕自身も音楽を続けるのかどうかを真剣に考えようと思い、憧れのR&Bの聖地であるアメリカに行くことにしました。もう30歳だったし、ここで白黒つけようと思って。 熊谷 アメリカのどのあたりに行かれたんですか? 寛斎 クイーンズのノーザン・ブルーバードというヒスパニックだらけのエリアで、アメリカ感は全然なかったですね(笑)。現地で本物の音楽に触れるなかで「人種的に自分がこのジャンルの音楽をやるのは無理だ」と感じ、辞める決心をしました。アメリカで滞在中に、向こうの友達にたくさん美術館に連れて行ってもらったのですが、その時に初めて美術に興味が出てきたんです。アメリカ人目線で「日本のアートはかっこいい」と逆に教えられて、だんだんとかっこよく見えてきて。日本人としてそういうものを一から勉強すれば、きっと戻ってこれるんじゃないかみたいな感覚