投稿

kearny ルック制作、これまでと佐渡。— 後編 —

イメージ
kearny ルック制作、これまでと佐渡。— 後編 — 「sost.」のオーナーであり、「kearny」のデザイナーの熊谷富士喜とスタイリスト・服部昌孝さん、フォトグラファー・赤木雄一さんをお迎えし、「kearny」のルック制作のウラ話を雑談形式でお届け。今回は、ブランドとしても思い入れのあるポートレートシリーズの撮影から、佐渡で撮影した最新ルックについて深掘りしました。 「kearny」のルックを印象づけたポートレートシリーズ — 2014年からずっと同じチームで撮影をされてきた皆さんですが、それぞれに一番印象的だった撮影はありますか? 熊谷  僕は毎回楽しいんだけど、タフさで思い出すのは海に行ってから青山スタジオで撮った時かな。 服部  台風のやつね。あの日はふざけてたよ。そもそも北に行くって話してたのに、台風がきてるからって海ほたるを渡れなくって、どうしようもないから南下して神奈川で撮ったんだもん。 熊谷  封鎖されてたもんね、海ほたるが。 — よっぽどの台風ですね、それは。 服部  台風の中無理やりフィルムで撮影して、馬鹿だよね。 赤木  海岸で大波うねり倒してたよね。カメラもびしょ濡れ。 服部  さらにそこから青山スタジオ入って、夜中にかけて8、9人撮ってるからね。 — すごいタフな撮影ですね。 赤木  僕は今回の佐渡がナンバーワンになりそうな気はしてるけど、他だとやっぱりポートレートシリーズかな。なかなか今やってるところはないと思うし、面白いよね。プロセスもいいから、毎回割と集中力の高い撮影になってる。 熊谷  パリでの展示会の後に、今後どういうふうに撮っていくかを一緒に考えて、ポートレートに変えたの。ハッセルで撮りましょうって。 — それがこの冊子ですね。これはいつ頃のルックが入っているんですか? 熊谷  これは2015から2017までのポートレート。この後もポートレートは2019年ごろまで撮っているんだけど。確か、赤木くんがトーマス・ルフの生っぽい感じがいいんじゃないって提案してくれた記憶があります。 赤木  全然覚えてないなぁ。なんかタランティーノみたいな写真もあるね。全然トーマス・ルフじゃなくない?(笑) 服部  トーマス・ルフではないね。でも、こうやって見返すとモデルの精度はすごい高いよね。 熊谷  全員素人だもんね。 服部  俺と赤木くんの素

kearny ルック制作、これまでと佐渡。— 前編 —

イメージ
kearny ルック制作、これまでと佐渡。— 前編 — 「sost.」のオーナーであり、「kearny」のデザイナーの熊谷富士喜とスタイリスト・服部昌孝さん、フォトグラファー・赤木雄一さんをお迎えし、「kearny」のルック制作の道のりから、佐渡で撮影された最新ルックまでのお話を雑談形式でお届けします。 出会いのきっかけとアシスタントクレイジー時代 — まず最初にみなさんの出会いのきっかけについて教えていただけますか? 熊谷  僕と服部くんは同い年なんだけど、23歳くらいの時に別の友達と三人でルームシェアをしていたんです。 服部  当時住む家がなくて、「誰か一緒に住ませてくれるやついない?」って共通の友達に聞いて紹介されたのが富士喜だった。全然会ったことなかったからとりあえず電話して、「話聞いたんですけど…」って言ったら、「いいっすよ。じゃあ月2万で」みたいな感じでゆるく決まったんだよね。 — すごいですね。広い部屋だったんですか? 熊谷  部屋は2Kだったから、僕と友達がそれぞれの部屋を使って、服部くんはキッチンのところで。 服部  むしろ玄関で寝泊まりしてたね。 熊谷  家に帰って玄関開けたら服部くんが寝てるみたいな。あれはほぼ外だよね(笑)。 — ルームシェア時代はどのくらい続いたんですか? 熊谷  実際に一緒に暮らしたのは半年くらいかな? 服部  そうだね。でもめちゃくちゃ面白かった記憶がある。 熊谷  みんなあまり家に帰ってこない人たちだったから、三人揃うことはすごくレアだったんだけど。 服部  だからこそ三人が揃うと、「あ、今日は3人いるじゃん」って嬉しかったな。 — 赤木さんとはどのタイミングで出会ったのですか? 服部  赤木くんはアシスタント時代がほぼ同期。赤木くんの一ヶ月後くらいに俺が師匠について、お互いの師匠が週四くらいで撮影が一緒だったの。だから、毎日赤木がミスするか、服部がミスするかみたいなことを言われて。お互いに傷を舐め合いながら生きてたよね。 赤木  そうそう。懐かしいね。 服部  でも当時は赤木くんも尖っていて、俺らと慣れあったりする感じじゃなかった。 赤木  そう?全然覚えてないなぁ。面白かったことしか覚えてないからね。 服部  イカれエピソードはいっぱいあるよね。 — イカれエピソードとは一体どんなエピソードですか? 服部  ロケの

メガネ屋と建築のはなし。 —後編—

イメージ
前回 は「kearny」の直営店を作るうえでの大事にしたいことや、現在の「sost.」のデザインが決まるまでの波乱万丈のプロセスについてお伺いしましたが、続きとなる後編では、語りきれなかったこだわりポイントやこれからの「sost.」について話していただきました。 前編はこちらからご覧ください。 https://sost-kearny-eyewear.blogspot.com/2021/11/blog-post.html 「石」「機械」…欠かすことのできないキーワード — では、ここからは事前に富士喜さんに伺っていたいくつかのキーワードについてお伺いしたいのですが、まず「石」というのはどこで使われていたのでしょうか? 熊谷  トイレの中です。 — え!トイレあったんですか?当初の図面にはなかったような…。 熊谷  本当にそれも後からだったんだよね。 菅原  前に入っていたお店ではトイレを入れていなくて、このスペースを物置にしていたんです。でも、実際に物件を開けてみたら排水と給水の設備がちゃんとあったんですよ。 熊谷  展示会をやっているときに、トイレがないことがこんなに辛いんだって身をもって体感ましたね。それで、入り口のデザイン変更と同時進行でトイレもつけてくださいってお願いしました。 — なるほど。トイレの個室には丸っこい石が敷き詰められて、可愛らしい印象に仕上がっていますね。「石」をモチーフにされたのはどうしてですか? 熊谷   次の「kearny」のコレクションが「石」をモチーフにしたメガネを作っていて。それは最初に伝えてあったので、いろんなタイルのサンプルとかを持ってきてもらって一緒に選んで決めました。 菅原   本当にたまたま石をスライスしたようなタイルが建材であったんです。面白いですよねという話をしてスムーズに決まりましたよね。 熊谷  あの石の形でメガネも全然作れちゃうんですよ。レンズの形だから、ほとんど。だから感覚的にトイレに入ったとして、メガネのレンズの形になっているというのが面白いなって思って。 — アーチといい、少しずつメガネを連想させる要素が散りばめられているんですね。では、「機械」というのはどういうポイントでしょうか? 熊谷  それは検査機械のことですね。どうしてもこれらがあるというのは、内装や建築の視点ではマイナスになってしまうと思ったの